スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清宮質文

昨日、珍しく搬入出のない、なぁ~んにもない定休日だったので、大橋はお休みをいただきました。

(ただ、長尾はあいにく入ったギャラリーの床掃除のため、留守番をしておりましたが・・・)

一日ごろ寝を決め込もうと思っておった大橋ですが、そう言えば倉敷市立美術館で開催されている「清宮質文展」が後少しで終る!!

と、この小さな頭が思い出したのでした!

車で行こうか・・・電車で行こうか・・・悩むこと暫し。

結局、車の運転があまり好きではない大橋は、電車に揺られて倉敷まで行きました。

駅から美術館まで、ツバの大きな帽子をふかぶかとかぶり、黒の長~い手袋をし、サングラスを掛け・・・ひたすら紫外線から肌を守っているつもり。

しかし、通り過ぎるウインドゥに映る自分の姿を見るたびにに「お前はどこのタレントじゃ。」と突っ込みを入れ取りました。

決して美しいからではありません。あまりにも返って目立つ姿だからです。

マッ!そんな話はどうでもいいのですが、「清宮質文展」よかったですわ~。

久しぶりに美術館で感動しましたわ。

静けさの中に日常生活の悲哀があり、それを淡々とした構図と微妙な色彩で表現しているのですねぇ~

木版画というのもまたいいし・・・。 ガラス絵も美しかったですねぇ~

なんか、まるでギャラリストみたいな感想でしょ。

私だって、たまにはこんなことも言ってみたりするんだから!

27日までです。
いいものを見たい方、哀愁に浸りたい方は是非、必見ですわ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ArtGarden 

Author:ArtGarden 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。