スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T画伯 in アートガーデン

アートガーデンはよく「分かりにくい」「目の前まで来ても分からんかった」とかお叱りを頂きます。
本来なら道々に目印を出すなり、せめて画廊の前に大きく看板を立てるべきなのですが、諸事情のため未だ出せないままです。

せめて目の前まで来られた人のためにと、黒板の立て看板にカフェのメニューを書いて目印にしております。(苦肉)
この看板担当がスタッフのT花です。
彼女はうんねん前に東京女子美術大学を卒業。よって絵を描くのは朝飯前。
おまけに、独特の発想と豊かな想像力の持ち主。
5分くらい「う~む」と頭を捻ると、その後アッという間にチョークの色を駆使してお洒落な看板ができあがります。
本当にウチのスタッフは芸達者。(下ネタばかり話してるわけではないのですよ~)

こんな感じ。
TS3C0198.jpg

素敵でしょ!
どうぞ、皆さんこの看板を目印においしいケーキ(スーリィラセーヌの~)とおいしいコーヒーを召し上がりに来て下さいね!
スポンサーサイト

ギャラリーA・ZONE

昨日は、大橋の定例木曜・個人休暇。

先週行った銀座の77ギャラリーの遠藤さんから紹介された(何故か東京のギャラリストに岡山の情報を聞く・・・!)A・ZONEという小橋にあるギャラリーを訪れました。

今にも降りそうな空を気にしながら、愛用の電動自転車で峠を登り下り~と自宅から10分くらい。ゴスロリの写真展。岡山でこんな現代アート最先端の展覧会をするところがあるんだなぁと思いつつ「こんにちわ~」。

白い壁の向こうから優しい顔の女性のかたが覗かれ「どうぞ、どうぞ」と椅子を勧めてくださいました。自己紹介も兼ねてお話を伺っていたら、ご主人が戻られ、そうこうしてたらいつも取材に来てくださる某新聞社の美人記者さんが入ってこられて「奇遇ですね。こんな場所で~」(笑)。

結局、1時間以上居座っちゃいました。オーナーの本田さんは、実はニューヨークでアートを取り扱われるスンゴイ、インターナショナルな方で、現代アートには素晴らしく詳しい!!
富町で燻っている私など足元にも及びませぬ!(驚)
とても勉強になり、いつもは視野30度くらいなところが90度くらいに広がった気がしたのでした。(気のせい?まだまだ勉強不足?)。

ただ、アートを扱う人にもそれぞれの価値観があって、お話を聞くことによって私の価値観を客観的に再確認できたように思いました。

私は私の価値観で、アートガーデンのお仕事をしていくしかないかなァ~。
「自分は不器用な女ですけん!!」と高倉健ふうに、つぶやきながら雨雲を見上げてペタルを踏んだ夕暮でした。

ヒロイシエイコ展

今日から、カフェでヒロイシエイコ展が始まりました!

ケシゴム版画というとても親近感のある作品です。モチーフも素朴で身近なもの(猫とか、ほおづきとか~)で和みます(癒)。

ヒロイシさんご本人も純粋ピュアなかたで、お話を伺っていたらいつもケラケラ、ウハウハと時間がたってしまいます。

小春日和のような今日は、お客様も多くてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
「ここは異空間のようで、いつも力をもらうの。」というお客様もしらして、私こそ力をもらいました(力)。

日本の政治家の方々はどうも芸術文化に興味が薄いような気がして、つい「なぇ~」となるのですが、こういうお客さまがいらっしゃると救いです。

今日は、T花と私の2人。相変わらずシモネタから、芸術論までで事務所はわいておりましたが、本質はとてもクリエイテヴな私たち。
どうぞアートガーデンに遊びに来て、楽しい時間をご一緒しましょう(嬉々)。

明日までです~

明日で田中恵美さんの留学の成果を見ていただける展覧会が終わりますよぅ~。

留学前とガラリと作風も変わり、これからの方向が少し垣間見れる見ごたえのある展覧会。
どうぞ皆さまお見逃しなく。

今日のカフェ担当のアニーこと西村は、収穫の多い一日でした。
週末の常連の〇井さんから、昭和48年モノのハードケースに入った、阿部公房の本を3冊ももらい、
ウハウハ。(ちなみに私は「砂の女」でくじけましたが・・・(難))
その後、27歳のこれまた常連の女の子から、おもろい漫画の情報聞きまくりでメモしまくりでした。
きっと西村は帰りにブックオフに駆け込むことでしょう。

それにしても寒い寒い日が続きます。
今晩は食卓に土鍋がど~ん、というおうちが多いのでしょうね。土鍋は日本の文化です。
文化とは素晴らしいものです!(力)
何はともあれ、皆さま
どうぞ温まって風邪引かれませんように!

感動

冷たい一日でした。でも太陽が見えていたので少し気分は楽だったかも♪

今日は田中恵美さんの英語の先生のトレバーさんが来られました。写真のアートもされる多才な方です。私の片言の英語も優しく、巧に想像力を駆使して理解してくださいました(感謝)。

思えば私の出会った外国の方々は多才です。いろんな方面に食指を伸ばして楽しむ生活をなさっているみたい。
私みたいに仕事から帰って一杯飲んでゴロリンてなのと訳が違います。

そういえば先日、シルヴィー・ギヨムのバレー公演をシンフォニーで見てきました。実のところ開演時間の3分の2くらいまで、彼女が出てこなくて「サギじゃァ!!15000円くらいもはたいたのにィ!!」と心の中で叫んでおりました。

ところがボレロの音楽と共に彼女が出てきた瞬間から舞台が別世界になり、私は身を乗り出して目は釘付け!! 鼓動が自然にドクドクと音を立て、20分の舞台がまるで5分のように感じ、終わったとたん、無意識に腕がモゲルくらいに拍手をしていました。全てが頭を通り越して、勝手に心が作動してたという感じです。
こんなことは滅多にないので、先ほどまでの怒りも吹っ飛びました。
そして、つくづくと思ったのでした。
人を感動させるって素晴らしい!!と。

私には何も特技はないけれど何かに打ち込んで、いつか少しの人にでも感動してもらえたらなァ~。
アートガーデンでそれができたらいいなぁ~と思ったのでした。

帰りました~

ただいま~
昨日、東京から雨の岡山駅に着きました。

銀座でいっぱいギャラリーを見て周りました。お世話になっているギャラリーのオーナーさんにもご挨拶をしてきました。
羨ましかったのは、どこのギャラリーでも若手の作家さんを探してきて展示し、それを見に来ているお客様もいらしたことです。
岡山はそれがなかなか難しい~(涙)

有名か、お知り合いの展覧会でないと足を運んでもらえないてな感じで(ショボン)

何かいい方法はないかなァと、新幹線の窓の外を眺めながらの帰路でした。

ところで銀座は綺麗な街だなと感動しましたのです。ゴミが全然落ちていない。喫煙する人は歩道の灰皿のあるところに立ち止まって喫煙。
人が道路を渉っているとずっと、車は待っていてくれる。
何か、こちらまで優しい気持ちになりました。
こんな都会で不思議だなァと思ったのでした。

久しぶりの銀座で、チョット東京を見直した数日でした。

ところで大橋はピッカンー☆となったか!? ??????? はたしていかに!

ミイラ取りがミイラになる?

 元気なお顔でトールペイントの先生が大きな荷物を抱えて久方ぶりのご来店。
「まぁまぁ!お久しぶり!」「私、昨日で70歳よ~!」「うわぁ!古希ですか!おめでとうございます!」キャピキャピ!!

そこへ「田中恵美展」の新聞記事を見て初めてご来店いただいたお客様も何故か一緒に和気藹々~

田中さんの版画のかもし出す気持ちのよい空気からか、先生のお人柄、古希の輝きからか
すっかり知らぬ同士のお二人が「お茶でもご一緒に!」と仲良くお喋りを楽しんで最後にはメルアド交換をして「それじゃまた!」と!
オバマさんではないけれどーーー男性も女性も子供たちも、どのような人種、宗教の人々も~~を地で行くような垣根のないサラリとカッコイイ大人な人との関わりを垣間見るのでした。

帰り際「ごちそうさま。今日はバーゲンで買物したから大荷物(笑)!見たい?」と先生。
袋から出るわ出るわ~~!!「私、タイツ(花柄,豹柄)買いに行ったのにこんなに買っちゃった!」
セーター、カーディガン、パンツ・・etc.「先生、ついでの方が大きいですねぇ~(笑)」(ツッコミ・Y田)

「ミイラ取りがミイラになる」ーーーまさにコレな訳ですが・・・。
皆さん、ミイラ取りて?いったいなんざんしょ?チラホラ使う諺ですが、この日本じゃどこぞのお寺に珍宝として「河童のミイラ」があるという話は小耳に挟みますが・・・しかし、妙に心惹かれるこの言葉・・・
ミイラ取りたぁ???

そこでこの際、右から左に流していた「ミイラ取り」について、ちょっと調べてみましたら・・・。
あ~ら、おどろき!
「ミイラには一種の漢方薬として不老不死の薬効があると信じられ、珍重されてたそうな。そのため、ミイラを取ることをなりわいとする者が増え、
ミイラを取るためには墳墓の中に入ったり、砂漠を越えたりする必要があることから危険がつきまとい、ミイラを探す人間が行き倒れることもあった。
このことを指してミイラ取りがミイラになるという言葉が生まれた。」のだそうです。










冬の雨

今日はまるでスコットランドのようなお天気(曇)
つまり、冷たくて暗くて時々雨。ぐぁ~(鬱)
やはり、こんな天気の日にはお客様も少なくて、アートガーデンは静かです。

たまりかねた、アニーこと西村は乱雑を極め、ケースと中味が入り乱れ、ジャンルも分からなくなったCDを整理に掛かり始めました。
やりだすと、徹底的にしないと気のすまない彼女はとたんに無口になりムキになり、私のジョークにも無反応です。マッ、日頃から私のジョークなどスルーされますが・・・(悲)。

一方、会期中ギャラリーに詰めている作家の田中恵美さんは、留学先で覚えた英語を忘れまいとTOEICを受ける為に、一生懸命お勉強中です。と、思ったらコックリコックリ・・・。そりゃ眠いわな。静だし暖かいしぃ~。

でも今日は、初めてアートガーデンに来てくれたカップルが二組もありました。
とっても嬉しいです!!
ギャラリーデートするような、そんな素敵なカップルが増えると岡山も素敵なところになりますよね(愛)。

ギャラリーって???

そういえば、お陰さまでアートガーデンも今年でマル7年目になります。
私も、この仕事を始めるまで、美術館とギャラリーの区別も知りませんでした。
皆さんはご存知ですか?
作家の方は勿論ご存知ですよね。

美術館では作品を販売することは大抵の場合できません。
それに引きかえギャラリーはむしろ主に既存の作家さんの作品を販売するところです。
時々、芸術をお金にするなんて不純!!とか思われます。
実は私も若い頃はそんなふうに思っていた時期があったのですね~(若)

でも、考えてみれば作家さんも生活できないと作品は作れないのです。そのためには作品を売る。これがプロの作家ということなのですね。

日本ではなかなか美術品を購入して飾るという習慣がなくて美術品=高価=贅沢品!!
というイメージ。
でも、実は洋服を買うより安かったり、おしゃれだったりするのになぁ~と最近しみじみと思うのです。

うちに来られるお客様も、チョット緊張した面持ちで眉間にシワ。これは何を使ってどのように描かれたのですか?とか、ここの部分は黄金比ですか?遠近法ですか?などなどの質問。
う~む。そんなに、難しいこと言わないで~
それよりも、寝室に掛ける癒し系の作品あるかしら~とか、プレゼントに手軽な作品あるかしら~とか、スペシャルディなので記念日に何か~とか、勿論、楽しみに見に来られるだけでもOK!

そんな気軽な場所なのです~
だから、どうぞアートに肩を張らないでね!
と、とても思う今日この頃です(願)♪

不況かぁ~

昨日、個人的に休みであった私は、どれどれ世の中の不況の具合を見に行こうか・・・と電動自転車をこいで、表町に繰り出したのでありました。

 久しぶりの丸善はまあまあの人。以前のバブル崩壊直後と比べればずっといいじゃん。とか思いながら「あら、こんな新刊。よしもとばなな、新潮社と文春から2冊も文庫になってるじゃん♪でも今は、時代劇がマイブームだし~」と眉間にシワを寄せ、しばし文庫の物色となっておりました。ん~でもお料理の雑誌も、楽しそうなのがいっぱい(旨)
「お酒に合う一品」なーんてマア素敵!

いやいや、こんなことをしていると時間がいくらあっても足らないわ!次は天満屋の視察よ!! 急がなくっちゃ!!

気付けば表町のあちこちに自転車置き場が増えている。白線まで引いて。今まで自転車は邪魔!と締め出されていたのに、逆転。どうぞどうぞ、そこでもここでもお停めください。てなかんじ。そうか~こうやってお客を呼ぶ努力かぁ~

天満屋はバーゲン目当てで婦人服売り場は奥様たちでいっぱい(混)。七階、催し物売り場は旨いもの店で大混雑。皆さん、食べるものと着る物には不況は関係なし!てな感じ!?
でも、私も服欲しいかなぁ~やっぱしィ~

さてさて、アートの世界はどうなんだろう。と自転車を踏み踏み帰り道考えました。
そういえば、今朝聴いたラジオで言ってました。
ニューヨークでは経済が落ち込んだ影響で、今まで物質至上主義だった人々が精神的なものへの価値へと移行してきている。って。
う~む。これはいい話だ!! そうして心豊かになれば、不況もいいことかも。
と、ウォークマンから聴こえる曲に首を振り振りペタルをこいで家路を急いだのでした(帰)。
冬は冷たくて嫌だけど、空と向こう~の方の山が綺麗に見えます~(美)。

寒いです~

昨日・今日は雪の舞う寒さ。
スタッフも朝「う~む~。ざぶい~。」と泣きそうな顔で出勤して来ます。(凍)

そんな中、朝一番で大橋は岡山駅まで自転車を踏み、東京までの早特切符を買って来ました。
ホンの、3日前までは上京なんて全く考えてもいなかったのに、一通のDMで急遽そんなふうになりました。人生って何が起こるかわかりませんね(ドキドキ)。

1年ちょっと前にアートガーデンで展覧会を企画した奥山民枝さんの作品展が銀座で開催とのこと。奥山さんの作品は今でも私の心に焼きついています。そして彼女の人柄も。これは行かねばとなったわけです。(マッ、東京でお付き合いのあるギャラリーにもそろそろご挨拶に行かねばならん頃だし・・・)

しかし、東京は人が多い。田舎者の私には疲れます。そんな私に「少しは都会の刺激を浴びてきて下さいよ!」とスタッフからの指摘(辛)。
どうせどうせ、富町でブスブスと燻っておりますわよ!

というわけで、来週東京から帰った洗練された大橋を見にいらしてください(ピッカーン☆)。一日じゃムリムリ・・・?ヤッパシィ~

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

大変遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。
といいつつ、既に今日は鏡開きですね。皆さまよいお正月を迎えられたことでしょう。

アートガーデンは昨日から始動開始です。
まずは「田中恵美展」。昨年秋にイギリスのグラスゴー留学から戻って初めての展覧会です。

2007年に留学前、岡山で初めての個展をアートガーデンで催してから、今回で2回目になる展覧会は、さすが留学の成果もあり、のびのびとした作品になっています。
また、以前は墨でプリントでしたが、今回はインクを使い緑・グレイ・紺などと色味も出てきました。
それから、版画だけではなく綿キャンバスに水彩で描いた作品もあります。

これは、寒くて曇りがちのグラスゴーで心を癒してくれた大きな温室。そこかへ差し込む光や霧を描いたもの。田中さんの繊細で純粋な感性ならではこそのモチーフです。
是非是非、ご覧になりにいらしてくださいね。
200901111339000.jpg


余談ながら、この田中さん27歳。B型。意外と天然。
アートガーデンスタッフの天然とはまた一味ちがった???をかもし出して、なかなか楽しい会話が弾みます。
昨日も取材にいらしてくださった山陽新聞の記者の方がパシャパシャと田中さんの顔写真を撮ってらっしゃったところ、マジマジとカメラを見つめ、真剣な表情で「いいカメラですね。」と一言。思わず記者の岡田さんもアングリ~でした。本人は至って真面目です。

とりあえず、ピュアピュアレッド♪てな田中さんです。

今日は雪も散らつく寒さですが、鏡割りのお餅食べて元気にお仕事します~
*ちなみに、今月長尾は自動車教習所通いで必死な形相です~(涙)





プロフィール

ArtGarden 

Author:ArtGarden 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。